MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 食鳥処理装置・システム>
  4. チキン大バラシ装置 ハービダス

チキン大バラシ装置 ハービダス

もう解体室にグリッドは必要ありません。

チキンの解体工程では、まずチキンを「フロントハーフ(上半体)」、「骨付きもも肉」、「腰ガラ」の3つの部位に切り分けます。これらの工程すべてを1台の機械で自動的に処理します。

主な機能・特長

省スペース
ハービング(上半体、下半体を分ける)及びレッグプロセッサー(骨付きももを外す機能)を1つのユニットに搭載し、設置スペースを従来の1/3にしました。
品質
解体工程で傷つきやすいヤゲン(胸軟骨)部位を傷つけません。
人手作業と同等の骨付きもも肉を取り出せます。
効率化
人手による作業は、機械へと体をセットするのみです。
生産性は、従来の12倍です。と体サイズの大小に関わらず高歩留まりで連続処理が可能です。

システムフロー図

[図]

仕様

能力 最大2,700羽 / 時
原料 中抜きと体(中抜きと体重量1,400g~3,200g)
寸法 W1,000 × L5,600 × H2,200mm
電源 3φ 200V  11kW
オプション テールカット、ガラダス、トリダスとの自動連結装置

適応分野

  • チキン処理工場


製品情報