MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. ヒートポンプ>
  4. ノンフロン 空気熱源融雪ヒートポンプ

ノンフロン 空気熱源融雪ヒートポンプ

業界初! CO2冷媒採用
圧倒的な省エネルギーで道路の凍結防止・融雪を実現

ノンフロン空気熱源融雪ヒートポンプは、空気のエネルギーを利用した融雪システムです。ボイラーなどの化石燃料を用いた融雪方法や電気ヒーター方式に比べ、低ランニングコストを実現いたします。また、冷媒には業界で初めてCO2冷媒を採用することによって、他にはない安全性と環境性をお届けいたします。

ノンフロン 空気熱源融雪ヒートポンプ

主な機能・特長

フロン問題を克服
オゾン層破壊係数「0」、地球温暖化係数「1」のCO2冷媒を業界で初めて採用しています。
低ランニングコストを実現
空気のエネルギーを上手につかって融雪用のブラインを温めるので、投入しなければならないエネルギーはわずかな電気だけです。ボイラーや電気ヒーターに比べて大幅にエネルギーコストを削減することができます。
設置しやすい小型パッケージ
省スペース設計のため、自由に設置場所を選ぶことができます。

導入効果

このようなご計画に最適です

老朽化した融雪用ボイラーユニットのリニューアル
化石燃料の使用を削減し、環境負荷低減にもつながります。
融雪用電熱ヒーターシステムのリニューアル
ランニングコスト(電気代)を1/3に減らすことができます。
*別途放熱管工事が必要となります。
指定冷媒(R-22等)の融雪用ヒートポンプユニットのリニューアル
冷媒問題を解決します。
分散型により万が一故障の際も、リスクを回避できるシステム構築が可能です。

仕様

1台における融雪面積は300m3が目安となります。
小面積から大面積の融雪まで、モジュールによりフレキシブルに対応可能です。
冷媒
R744(CO2)
加熱能力 (kW)
48.0(外気温度:-5.0時)
低格設備容量 圧縮機モーター (kW)
11
軸流ファン (kW・台)
0.75×2
寸法(吸気フード含まず) (mm)
W2,100×L1,100(1,718)×H 2,105*
運転重量 (kg)
1,400
  • (内はフードの装着時寸法)


製品情報