MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. フリーザー・解凍装置>
  4. 異物検出装置 MGLシリーズ

異物検出装置 MGLシリーズ

消費者からの異物混入クレームをゼロにしたい食品工場の長年の夢実現。

MGLシリーズ
うどん、白米、スパゲッティなどの白色系単色製品上の主としてプロセス上で付着した異物を検出します。検出する異物の大きさは0.5mm以上の黒点です。

主な機能・特長

MGLシリーズ
複雑に絡み合った麺の上の異物は、ワークが動いているため、人間の目では判読が非常に困難です。また食品に落下する異物そのものが小さいために、これまでの検出機では判読が難しい傾向がありました。そうしたニーズに対応して創られたのが本装置です。冷凍麺においては、時間約6,000食の高速処理が可能です。

仕様

MGLシリーズ
処理量 6,000食/h
外形寸法 W670 × L940 × H1,550mm
カメラ 白黒ラインセンサカメラ5,000画素
照明 上・下部に蛍光灯照明(拡散板付)
ベルト有効幅 110mm
コンベア速度 30m/min

適応分野

MGLシリーズ
冷凍うどん、白米、スパゲッティ、ダイスポテト、ハンペン、蒲鉾、卵焼き 他


製品情報