MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 自動脱骨・除骨技術 DAS>
  4. チキン手羽元全自動脱骨ロボット ウィンダス

チキン手羽元全自動脱骨ロボット ウィンダス

骨なし手羽元肉で新しい商品つくりをお手伝いします。

人手作業では手間のかかる手羽元脱骨・チューリップ加工の自動化を実現しました。
自動化によって手羽元肉、チューリップ加工の品質・歩留まりが安定し、衛生的に処理できます。

主な機能・特長

手羽元を自動で脱骨
手羽元を投入するだけで手羽元肉と骨に分離します。
個別計測で最適なカット
サイズの違う手羽元を一本ずつ計測してカットします。
チューリップ加工に対応
簡単な切り替え調整で手羽元チューリップ加工にも対応しました。

システムフロー図

処理イメージ

手羽元肉から上腕骨を分離するカットとチューリップ加工の2種類からカットの形状を選択できます。

[図]

仕様

能力 最大1,200本 / 時
原料 鶏手羽元(45~80g / 本)
寸法 W1,085 × L1,000 × H2,385mm
製品重量 700kg
電源 3φ200V 1.5kW
圧縮空気 0.5MPa 120ℓ / 分
  • ブロイラー以外の鶏種についてはご相談ください。
  • 高さ寸法はレイアウトによって変わります。

適応分野

  • チキン処理工場
  • チキン食品の加工場


製品情報