MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 冷凍・冷蔵ユニット>
  4. 空気冷凍システム 「PascalAir(パスカルエア)」

空気冷凍システム 「PascalAir(パスカルエア)」

第32回(平成23年度)優秀省エネルギー機器 経済産業大臣賞 受賞、第17回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 受賞

究極の自然冷媒「空気」で-100℃の世界を創出

PascalAir(パスカルエア)は、エアサイクルを用いた超低温領域(-50~-100℃)を創出する冷凍システムです。
オゾン層破壊係数、地球温暖化係数ともにゼロの空気が冷媒のため、地球環境負荷はまったくありません。 超低温領域(-50~-100℃)において、従来の蒸気圧縮式フロン冷凍システムより、最大50パーセントの省エネ、CO2排出量削減が可能です。

[お客様の声] 実際に導入いただいているお客様の声をご覧いただけます。

主な機能・特長

空気を直接循環
パスカルエアは、庫内の極低温の空気を直接冷媒に用い循環させています。庫内の空気を圧縮により発熱させ、それを冷やした後に膨張させ、庫内から吸い込んだ空気より冷たくします。この空気を庫内に戻すことによって、庫内は超低温に保たれます。
ターボ型膨張機一体型圧縮機
圧縮機と膨張機はターボ型を採用し、膨張機で発生する膨張の力を圧縮機の補助動力として使用し、エネルギー効率をあげています。
冷蔵庫内にエアクーラーを置く必要はありません。
設置に必要なのは風の吹出しと吸込みのダクトのみで、庫内にエアクーラーは不要です。
クーラーファンやデフロスト(霜取り)によるエネルギー損失がなく、庫内の温度も安定しています。さらに大変な霜取り作業がなくなるため、作業をする方の負担も大幅に軽減することができます。
空気中の水分による霜も冷凍システムユニット内で処理できます。
高圧ガス保安法適用外のため、設置時の届出申請は不要です。
冷媒回収や充填等の処理が不用です。
既存の冷蔵庫を運用しながらリニューアル可能です。

システムフロー図

[図]

仕様

型式 PAS15-R PAS30-R
冷凍能力 15kW(庫内温度 -60℃時) 30kW(庫内温度 -60℃時)
圧縮機動力 30kW(庫内温度 -60℃時) 60kW(庫内温度 -60℃時)
冷媒 空気(Air)
温度領域 -50℃ ~ -100℃
最高使用圧力 0.2MPa
圧縮機型式 ターボ型圧縮機
膨張機型式 ターボ型膨張機

適応分野

  • 鮪・鰹保管冷蔵庫
  • 凍結乾燥
  • 家電リサイクル(凍結破砕)
  • 半導体製造工程
  • 医療・医薬品・理化学分野などの市場で要求される極低温領域向け

お客様の声

納入事例

超低温マグロ冷蔵庫

[写真] PascalAir
[写真] 冷蔵庫庫内
[写真] 冷蔵庫庫内

納入実績

[写真] 深澤冷蔵株式会社
[写真] 山菱水産株式会社
[写真] 畠和水産株式会社


製品情報