MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. ビジョン

ビジョン

21世紀型の企業

私たちは「21世紀型の産業」とは、20世紀に培った技術を基に市場の奥底にある潜在ニーズに気づき、それまでの技術分野を越えたイノベーティブな技術の組み合わせによって、全く新しい価値を創造することと捉えています。
そして私たちは市場から何を要求されているのかを感じ取るために場所に焦点を当てながら、お客様とすり合わせを行うことを通して市場の中にある潜在的なニーズを掘り当て、さらに共同体化して一緒に問題解決を図っていきます。それは、このようなアプローチを行うことによってのみ、環境に最適な21世紀型の製品を生み出すことができると考えているからです。

環境に最適であるということは、環境と共に自然に生きていること、すなわち生存に無理がない「場所」で生きるということを意味しています。私たちは企業をひとつの生物と捉えています。生物には、それぞれに生存が可能な場所があります。同じように企業にもその企業が生存可能な「場所」が存在していると考え、私たちは企業活動が成立している場所を大切に活動してきたのです。
その場所とは、お客様をも含めた場所です。その場所に応じ、社内の知恵と市場のニーズが合成(すり合わせ)しやすいような共同体へ展開し続けることが、場所に即した私たち企業の成長であり、変化なのです。

この変化は、メーカー、エンジニアリング会社、サービス会社、コンサル技術、流通会社といった多岐にわたる事業を生み出すことにもなりました。これらはそれぞれ場所の求めに応じて生じてきたマエカワという企業の様々な側面をあらわしているにすぎません。
また、お付き合いしている業界も冷凍から、食品、化学、超低温、省エネと拡大しています。これらの業界において、私たちは私たちの技術を携え、垣根なく自由に交流していきたいと考えています。
お客様と共に歩むことによって、はじめて私たちマエカワは「生物」として21世紀型の企業へ進化することができるからです。
私たち企業の生存が成立している社会、場所、そしてその場所で共に生きているお客様。私たちは場所に適応し、生き、生かされ続けるために、「場所」から溢れ出る全ての情報を、企業活動を通して吸収し、感じ取ることができる自由な感覚をもった人間集団であり続けることを目指します。