MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. ヒートポンプ>
  4. 水熱源ヒートポンプ融雪システム

水熱源ヒートポンプ融雪システム

地下水、温泉、海水などの熱を利用して雪を融かします。

未利用エネルギー(地下水、地中熱、温泉、海水、2次処理水)を熱源とし有効活用した環境にやさしい融雪システムです。
低ランニングコストを実現します。

主な機能・特長

地下水熱利用
地下水からは冬でも安定した熱(+10~+15℃)が得られます。
電気ヒーター利用システムに比べ、ランニングコスト(約1/5~1/6)に優れています。
ヒートポンプ利用することで、地下水循環方式に比べて地下水使用量を大幅に節約できます。
同じ地下水量で、既存地下水循環方式施設へ増面積計画を可能とします。
温泉熱利用
水熱源式の応用で、温泉水または排湯を熱源として融雪を行ないます。
電気ヒーター利用システムに比べ、ランニングコスト(約1/6~1/10)に優れています。
温泉成分に合わせ、熱交換器を選定します。
海水熱利用
水熱源式の応用で、海水を熱源として融雪を行ないます。
海水は冬の温度変化は小さく、量も豊富に使用できる熱源です。
その他熱源利用
たとえば、地中熱、2次処理水、工場廃熱、トンネル内空気、トンネル湧水などを熱源として融雪に活用されています。

システムフロー図

[図]

仕様

熱源水温度 +25℃~-5℃(マイナス域は不凍液対応)
加熱能力 45kW~680kW(台数で対応可能)
吸熱器 シェル&チューブ型
加熱器 シェル&チューブ型
内蔵 不凍液循環ポンプ
システム制御盤

適応分野

  • 車道・歩道・駐車場・駅前広場など冬季の融雪および凍結防止を目的に。
  • 冬季のバリアフリーを目的に。
  • 冬季の安全な交通路確保のために。
  • 冬季の交通事故回避の目的に。

納入事例

お客様名 国土交通省 東北地方整備局
郡山国道事務所
納入年月 H20.07
所在地 国道289号 甲子トンネル
備考 水熱源
お客様名 鶴岡市
納入年月 H17.03
所在地 鶴岡市リサイクルプラザ くるりんかん
備考 水熱源
お客様名 盛岡市
納入年月 H10.12~H20.3
所在地 盛岡駅西口 歩道
備考 地下水熱源
お客様名 国土交通省三陸国道事務所
納入年月 H18.11~H19.2
所在地 仙人峠道路
備考 トンネル湧水熱源
お客様名 国土交通省酒田国道事務所
納入年月 H23.12~H24.2
所在地 日本海東北自動車道
備考 トンネル湧水熱源
お客様名 国土交通省岩手河川国道事務所
納入年月 H14.3
所在地 国道4号茨島こ線橋
備考 地中熱源併用
お客様名 青森県三沢市
納入年月 H22.2
所在地 市道アメリカ村歩道
備考 温泉熱源
お客様名 国土交通省伏木富山港湾事務所
納入年月 H23.12
所在地 新湊大橋
備考 下水処理水熱源
お客様名 青森県東青地域県民局
納入年月 H20.11
所在地 青森ベイブリッジ
備考 海水熱源


製品情報