MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. オイル&ガス・ケミカル用ユニット>
  4. スクリュー式ガス圧縮システム

スクリュー式ガス圧縮システム

あらゆるガスの圧縮に対応。

MYCOMのスクリューガス圧縮機は水素、ヘリウム、炭酸ガス等の工業ガス、塩ビモノマー、メチルクロライド等の原料ガス、塩素、塩化水素、硫化水素等の活性ガス、石油精製副製ガス、石油随伴ガス、コークス炉ガス、揮発性有機化合物(VOC)ガス等の混合ガス等、あらゆるガスの圧縮を可能にし、優れた耐久性と信頼性で世界的に高い評価を得ています。発電用の多種の燃料ガスの圧送や石油・天然ガス、原料ガスの回収にも使用され、省エネや環境保全にも役立っています。

主な機能・特長

スクリュー式は往復動式と同じ容積式圧縮機で圧力変化や流量変化にも安定運転が可能であるとともに回転式のために摩耗部品が少なく、また非常にシンプルな構造のために優れた耐久性とメンテナンス性を持ち、過酷な条件下でも卓越した信頼性を発揮します。

国内外の法規や防爆仕様はもちろんのこと、API(米国石油協会)規格や客先殿独自の特殊仕様にも対応いたします。

仕様

処理流量 100m3/hr~15,000m3/hr
圧力 ~30bar、~55bar
冷却方式 水冷又は空冷
保護方式 屋外型、防爆型等
適用法規 高圧ガス一般則、鉱山保安法、API、ASME、PED、SEL、TEMA、NEMA、IEC等

適応分野

  • 陸上・海上の石油・ガス採掘・貯蔵・圧送プラント
  • 石油精製プラント
  • 石油化学プラント
  • 一般化学プラント
  • 工業ガス製造プラント

対応ガス

  • オフショアプラント(プラットフォーム等)でのベーパーリカバリーガス
  • 石油精製所副生ガス、コークス炉ガス等の活性分を含む混合ガス
  • 炭化水素系ガス-CmHn (ペーパーリカバリー、溶剤回収、BOG等)
  • 塩ビモノマー、メチルクロライド等の原料ガス
  • 塩素、塩化水素、硫化水素、C2F4等の活性ガス
  • プロパン、プロピレン、ブタン、ペンタン、アンモニア等の自然冷媒
  • 天然ガス、都市ガスに代表される燃料ガス
  • ヘリウムガス、水素ガス、炭酸ガス、空気等の工業ガス
  • HCFC、HFC等の冷媒ガス
  • DME(ジメチルエーテル)、消化ガス、一酸化炭素

納入実績

炭酸ガス圧縮機
メチルクロライド圧縮機
海上プラットホーム用
ベーパーリカバリー圧縮機
大型コンパウンドヘリウム
圧縮機
A 石油会社:320S/370kW 2セット
自然環境破壊防止のため、オフショア(プラットフォーム)フレアスタックにて燃焼処理されている廃天然ガスを回収するために、水分飽和で不純物を含んだ高炭化水素ガスに数多くの実績があるMYCOM圧縮機が使用されています。
B 石油製油所:320S/1150kW 2セット
水分飽和、H2、CO、CO2、H2S、タール、スラッジ等を含んだ不純な炭化水素系混合ガスをタービン発電用燃料ガスとして圧縮しています。長期連続運転を確保し、高い信頼性、耐久性を実証しています。
C 化学会社:250L/280kW 1セット
従来ドライレシプロ、ドライスクリュー圧縮機の領域だったポリエチレン製造プラントに使用されるイソペンタン溶剤の回収用圧縮機として採用され、優れた耐久性、信頼性に高い評価を頂いています。
D 石油会社:320S/450kW 2セット/冷媒:ブタン
オゾン層破壊という地球環境問題から、自然冷媒が近年注目される中、高炭化水素系ガス圧縮に関し、数多くの実績を持つマエカワは、ブタンを冷媒とする冷凍装置を納入しています。
E 化学会社:320M/630kW 2セット/冷媒:ペンタン
蒸溜塔塔頂コンデンサの熱を回収し、リボイラー用の熱源として使用する、ペンタン冷媒の廃熱回収ヒートポンプを納入し、自然冷媒の使用、省資源、省エネルギーという立場から地球問題に対応しています。
F 化学会社:320L/590kW 3セット
従来は、ドライレシプロで、2ヶ月毎のオーバーホールが必要とされていましたが、MYCOM圧縮機の設置により、長期間連続運転が可能となり、以降40台以上継続納入しています。
G 化学会社:320L/920kW 3セット
最少分子量の希薄ガスである水素圧縮機を米国NASA向けのG化学会社保有の世界最大級の水素液化プラントに納入しています。ケネディー宇宙センターから打ち上げられる米国のスペースシャトルの液体燃料はMYCOM圧縮機によって、圧縮され液化されています。
H 研究所:4025C/540kW
マエカワの大型コンパウンドヘリウム圧縮機は極低温分野において、世界中の研究所で活躍しています。2008年のノーベル賞で話題となった素粒子化学の分野や核融合の分野では、ほとんどの研究所がマエカワを採用しています。


製品情報