MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2017年>
  4. 仙台市茂庭浄水場にて「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の実証試験を開始

ニュース 2017年

[プレスリリース]

仙台市茂庭浄水場にて「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の実証試験を開始

2017年10月5日

リリース全文 (PDF:538kB)[PDF]

株式会社前川製作所(本社:東京都江東区、社長:前川 真/以下、マエカワ)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より委託を受け、平成27年より国立大学法人東北大学と共同で「水素社会構築技術開発事業」として「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の開発を進めて参りましたが、この度、仙台市水道局の研究協力を得て、仙台市茂庭浄水場に実証試験設備を設置、本年8月より実証試験を開始致しました。

マエカワではこの実証試験を通し、非常用電源機能と再生可能エネルギーの不安定性を解消する出力変動補償機能を有する電力・水素複合エネルギー貯蔵システム実用機の規模や適正なシステムの運用、保守管理および法令上の要件について検討致しております。


実証試験用「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」