MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2010年>
  4. GCAPがアメリカで初めてNewTon3000の導入を決定

ニュース 2010年

[トピックス]

GCAPがアメリカで初めてNewTon3000の導入を決定

2010年11月17日

株式会社前川製作所(以下マエカワ)は、アメリカ・カンザス州にある産業用アンモニア冷凍冷蔵設備のトレーニングスクールGarden City Ammonia Program (GCAP) に、NH3/CO2 クーリングシステムNewTon3000を2011年に導入いたします。これは国外で初のNewTon3000導入です。

GCAPは、アメリカ唯一のプライベートトレーニングスクールで、基礎冷凍講義や冷凍設備の使い方の実地研修を行っています。これまでに十六ヶ国四一二の民間会社から生徒を受け入れ、毎年多数の冷却設備オペレーターのエキスパートを輩出しています。

CO2排出量削減、地球温暖化防止といった環境への配慮を重大なミッションととらえ、積極的に自然冷媒を用いた冷却設備取扱者の教育を行っています。

現在、アメリカでは州レベルでアンモニア充填量規制が厳しくなっており、冷凍設備は従来の集中型から個別分散型へ、間接冷却型へと変化が求められています。

このような背景のもと、GCAPでは、アンモニアチャージ量が少なく、かつNH3とCO2を用いた高効率なシステムであるNewTon3000を今後のトレーニング教材として導入することを決定しました。

アメリカ初号機は、2011年のIIAR ( International Institute of Ammonia Refrigeration )でも展示する予定です。

Mr. Randy Williams, the CEO of GCAP

9月にはGCAP CEO Randy Williams氏が守谷工場(日本)を訪れ、NewTon3000を見学しました。