MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年>
  4. CO2熱風ヒートポンプ「MAYEKAWAエコシロッコ」販売開始

ニュース 2009年

[プレスリリース]

CO2熱風ヒートポンプ「MAYEKAWAエコシロッコ」販売開始

2009年9月28日

株式会社前川製作所(以下マエカワ)は、関西電力株式会社様と共同で開発いたしました産業用熱風発生装置を、CO2熱風ヒートポンプ「MAYEKAWAエコシロッコ」として今秋10月1日から販売いたします

「MAYEKAWAエコシロッコ」は、ヒートポンプ方式で、最高120℃の熱風を発生させる装置です。冷媒には環境にやさしいCO2を用いており、「MAYEKAWAエコキュート」の心臓部として多くの実績がある国内最大級加熱能力をもった自社製CO2圧縮機を搭載しています。
経済効果は、COPが3.5~4.5と高効率で、従来方式(ボイラなど化石燃料を燃焼させる加熱方式)に比べ、ランニングコストを約40%、エネルギー消費量を40%削減できます。また従来方式で必要だった上・下水道代や水処理費用は不要になります。
電動機駆動のヒートポンプ乾燥システムで超臨界CO2ガスと空気の熱交換を行うことで80℃から120℃の熱風を発生させるため、CO2排出量が少なく(従来方式よりも約70%低減)、従来方式に必要な化石燃料の燃焼工程がないため、窒素酸化物(NOx)が発生しない、地球に優しい装置です。
80℃以上の熱風を必要としている食品、製造、自動車産業などの乾燥工程はもちろん、原料加熱工程やクリーンルームのデシカント空調の再生熱源など、幅広い市場での導入が可能です

マエカワはこれからも産業と地球の共生を考え、皆さまに新しい技術、製品をお届けいたします。

News!  本製品が環境ビジネス専門サイト「環境ビジネス.jp[別ウインドウで開きます]」で紹介されました。

[写真]