MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2008年>
  4. 太陽熱を利用したゼオライト系吸着剤使用の次世代型吸着式冷凍機 安定稼動に成功

ニュース 2008年

[プレスリリース]

太陽熱を利用したゼオライト系吸着剤使用の次世代型吸着式冷凍機 安定稼動に成功

2008年8月7日

[写真]株式会社前川製作所(以下マエカワ)と三菱樹脂株式会社(以下、三菱樹脂)は、世界で初めて、ゼオライト系吸着剤を使用した太陽熱利用の次世代型吸着式冷凍機を、安定して稼動させることに成功いたしました。
これは、マエカワが平成17年~19年度NEDOの委託事業で「太陽エネルギー新利用システム技術研究開発事業」の一環として実施していたものです。

今回安定稼動に成功した“太陽熱を利用した次世代型吸着式冷凍機”は、三菱樹脂のゼオライト系機能性吸着剤「AQSOA(アクソア)」を、マエカワが製造した吸着式冷凍機に搭載したものです。シリカゲルを使用した従来型吸着式冷凍機に比べ、太陽エネルギーによって作られた温水から体積当り2~3倍の冷熱(冷水)をつくり出すことを可能にしました。
吸着剤の重量、容積ともに大幅に減少させるとともに、一般的な冷水製造用の「空冷チラー」と比較した場合では、CO2排出量を60パーセント以上削減が可能です。
また、80℃以下の低温域の工場排熱等も利用することができるため、太陽熱を利用した冷房装置や、未利用だった工場排熱を用いた省エネ型のプロセス用冷水供給装置などが実現できます。

マエカワは地球環境にやさしい5つの自然冷媒「ナチュラルファイブ」のひとつ「水」を使用した技術の取り組みとして、「次世代型吸着式冷凍機」を、60~100℃の廃熱(温水)から3~25℃の冷熱(冷水)を求める、すべての市場のお客様にお届けいたします。