MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 適応分野>
  3. 製薬

製薬

長年培ってきた冷却技術を核に、凍結・低温保管・乾燥といった温熱・冷熱を必要とする工程にさまざまなソリューションを提供しております。

例えば、フロン問題といった環境面に対して、マエカワは自然冷媒技術で貢献いたします。平成27年4月よりフロン排出抑制法が改正されます。これにより、地球温暖化係数の高い冷媒漏れに対し、フロン排出はますます厳しいものとなります。凍結乾燥工程で使用する冷凍機は、激しい負荷変動運転を強いられるため、冷媒漏れの可能性が常につきまといます。

そこでマエカワではオゾン層破壊係数、地球温暖化係数ともにゼロの空気を冷媒に採用した超低温用冷凍機「パスカルエア FC」を用いたソリューションを提供し、お客様の環境課題に貢献いたします。

また、衛生面やコスト面に関する課題には、食品工場エンジニアリングで培った技術を用いてお客様と共に取り組みます。衛生管理面においては、防虫対策では虫の侵入を防止し補虫・殺虫効果のある「バグシャッター」。コーティング工程や流動層乾燥装置熱源には、燃焼せずに高温熱風をつくりだすCO2ヒートポンプ「エコシロッコ」。実績と信頼を重ねた製品を用いて、安全で高品質な医薬品の製造工程実現に貢献いたします。

そのほか、細胞凍結、反応釜、凍結乾燥、粉体乾燥、排熱回収、SIP洗浄、殺菌、急速凍結、温湿度管理、省エネ、品質維持、といったお客様の様々なニーズに対してこれからもお応えしていきます。