MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 適応分野>
  3. 給湯・加熱

給湯・加熱

マエカワは、2003年に世界最高圧力のCO2専用圧縮機を開発し、従来のヒートポンプでなし得なかった「高温のニーズ」をCO2冷媒で実現しました。以来、CO2ヒートポンプ技術を用いて、給湯・加熱分野において常に新たな可能性を追求しております。

CO2ヒートポンプ給湯機である家庭用エコキュートは、その省エネルギー性や安全性などから、有効性が評価され、わが国ではこれまでに400万台以上販売されています。

一方、産業用・業務用の分野におけるヒートポンプ加熱システムは、これから飛躍していく段階であり、要求される条件も、従来のエネルギー消費量、CO2排出量、ランニングコストの削減だけではなく、大容量化、高温化、温度の安定性、耐久性、メンテナンス対応力といった生産プロセスに直結する装置として様々なことが求められています。

マエカワでは、産業用で培ったノウハウを基にこういったニーズにお応えし、水や空気といった再生可能エネルギーを用いて、お客様にベストマッチなヒートポンプ給湯・加熱システムを提案しております。

たとえば、生産プロセスの給湯で求められている常時安定的な90℃出湯にこだわったCO2ヒートポンプ給湯機「ユニモ」シリーズは、給湯と同時に冷却ができるエコキュートや、使用状況に応じて熱源を切り替えることができるエコキュートなどお客様の用途や環境によってお選びいただけます。また、最大120℃まで空気を加熱できるマエカワ独自の熱風ヒートポンプは、燃焼をしない高温加熱を実現いたします。

これら商品は産業用ならではの高い耐久性を兼ね備えており、年間8000時間以上稼動しても全く問題ありません。