MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 適応分野>
  3. 石油・ガス・化学

石油・ガス・化学

石油、ガス及び化学工業は、エネルギーや工業製品等の基礎材料の供給役として、多くの産業の基幹的な役割を果たしており、その各製造設備には高い信頼性と安全性が求められます。

マエカワの長年培ってきた圧縮技術と冷凍技術はこれらの設備用途としても常に高い評価を受けており、圧縮機や冷凍機は、各種ガスの圧縮及び各種プロセスの冷却や液化の工程において世界中のプラントで活躍しています。

近年では製造プロセス用途だけでなく環境に対する様々な新たな試みが実施されており、環境保全、資源回収といった用途においてもマエカワの技術が採用されています。

石油随伴ガスの圧縮技術
海底油田において石油採掘時に発生し、フレアスタック等で焼却されていた石油随伴ガスは、環境保全と資源の有効利用のために回収・再利用することが一般的になっていますが、このガスは硫化水素や凝縮成分等を多く含むため、圧縮が難しいことが課題でした。その課題を解決したのが、マエカワの圧縮技術です。
海上プラットフォーム設備用に求められる各種の高度な技術要求をクリアし、メキシコ湾岸、ブラジル沖、オーストラリア沖、インドネシア沖等、世界の海底油田で稼働しています。
VOC (揮発性有機化合物) ガスの臭気抑制と資源の有効利用
日本国内に於いても、石油備蓄基地で原油の搬送時に発生するVOC (揮発性有機化合物) ガスの臭気抑制と資源の有効利用を目的とした回収設備で、世界最大級のスクリュー圧縮機が採用されています。

マエカワでは石油、ガス、化学分野向けの特殊仕様のパッケージを日本、韓国、米国、欧州、ブラジルの各拠点から供給しており、API (米国石油協会) 規格をはじめとする各種の国際規格やユーザー規格はもちろんのこと、様々な特殊な要求にもグローバルに対応しています。