MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. 適応分野

適応分野

マエカワは常に環境の変化に合わせて自らも変化してまいりました。様々な分野のお客様と一体となることによって、技術を向上させ、新たな提案を行えるよう、私たちは歩み、変化し続けます。環境、資源・エネルギー、食糧・健康、仕事の質の向上といった、「時代のニーズ」に対し、各分野のお客様にマエカワならではのご提案をいたします。

世界中の産地型冷凍・冷蔵倉庫建設において、長年多くの経験を積み重ねてまいりました。

フリーザーを核としてHACCPやトレーサビリティに配慮した食品工場全体のエンジニアリングを蓄積してまいりました。

冷却・凍結というフィールドからさらに広がり、食品の鮮度管理の連続性の構築、環境への対応にも取り組んでいます。

世界から注目される日本食と農産物に対し、廃棄ロスを減らした長期保管技術 や、安心・安全な農作物の栽培技術の構築に取り組みます。

食鳥・食肉分野の生産プロセスに対し、ロボット・生産・制御・省エネなどの技術を組み合わせ、最適なシステムをご提案いたします。

工場全体の複合型省エネ技術と環境調和技術、さらには生産効率・品質向上をも提供できる世界で唯一のプラントメーカーです。

お客様と共に考えることを通じて、省エネ性をも含めた最適な生産ライン・ユーティリティー設備を納入いたします。

日本で初めてスクリュー冷凍機を空調用ヒートポンプとして納入して以来、セパレート型を中心に約1000台の納入実績を築いてきました。

再生可能エネルギーを用いたヒートポンプ技術で、エネルギー消費量・CO2排出量・ランニングコストの削減に貢献します。

東北・北陸と中心とした17道府県の車道、歩道、駐車場などに自然エネルギーを利用したヒートポンプ融雪システムを多数納入しております。

1960年代以来、常に新鮮な生鮮食品を世界中にお届けするため、冷凍運搬船、漁船、官公庁船等の船に最適な装置を提供してまいりました。

自動車・自動車部品の開発時に、寒冷地など各環境下で行う性能評価の環境試験用設備にマエカワの冷凍機や技術が多く使用されています。

設計、施工、冷却システムの構築、維持管理、運営などトータルな視点で環境に配慮をした「エコアリーナ」つくりに取り組んでいます。

各種ガスの圧縮及び各種プロセスの冷却や液化用としてマエカワの圧縮機及び冷凍機が世界中のプラントにおいて活躍しています。

長年培ってきた冷却技術を核に、凍結・低温保管・乾燥などの温熱・冷熱を必要とする工程にさまざまなソリューションを提供しております。