MAYEKAWA (MYCOM)

株式会社 前川製作所

  1. ホーム>
  2. マエカワについて>
  3. R&D>
  4. 植物共生細菌「エンドファイト」による減農薬農業支援

植物共生細菌「エンドファイト」による減農薬農業支援

エンドファイト(Endophyte)とは、「endo=within」と「phyte=plant」をつなげた「植物の中」という意味を持つ合成語で、植物の体内に共生する多数の微生物の総称です。植物自身が持つ免疫機能を活性化する有用な細菌を含んでおり、これらを植物プロバイオティクス(※1)と呼んでいます。マエカワでは、この自然由来の共生細菌「エンドファイト」をつかった食糧分野への支援を行っています。

(※1)プロバイオティクスとは…抗生物質を表す「アンチバイオティクス」と共生を表す「プロバイオシス」をかけあわせてできた言葉。人体や、植物の内に取り込むことで体内の環境を整え、健全な生育を補助する微生物を表す。

エンドファイトとの出会い

エンドファイトプロジェクトの始まりは、グループ会社が運営するゴルフ場の芝生に撒く農薬を減らしたいと考えたことがきっかけでした。

農薬を減らしても病虫害に強い芝を、「遺伝子を組み替える」という手法ではなく「自然本来の力を引き出す」ことによって開発することを目指しました。日本中の芝草を採取して芝の細胞を培養したところ、無菌状態で培養しているはずなのに芝の中に微生物がいることがわかりました。これがマエカワとエンドファイトとの出会いです。

日本の農業と共に

エンドファイトとの出会いをもたらした、病虫害に強く農薬を減らせる芝を開発した後、エンドファイトプロジェクトは、芝からイネへと対象を変えて新たにスタートします。イネをターゲットにしたのは、日本の主食である米の生産で化学農薬の使用を減らし、収量の安定化を図りつつ環境保全型の農業が推進出来れば、日本全体の食糧システムのよりよい変革に繋がるに違いないと確信したからです。食への安全、安心を求める消費者の皆様と、安全、安心な食べ物を届けたい農家の皆様。稲作で使う農薬を減らすことにエンドファイトが活用できれば、皆様を支援することができるのではないかとマエカワは考えました。

はじめてみると、イネのエンドファイトに関する研究者は他になく、頼りになる文献もないという、まったくの手探りの状態でした。しかし、理化学研究所や、農林水産省、東北大学をはじめとした多くの方々の協力、参加を得て、産官学連携で研究、開発を進めることができました。一般に農薬の効果は、病気に効くものと害虫に効くものは別なのですが、エンドファイトが共生したイネは、いもち病などの病気に強くなると同時に、イネに食害をもたらすコブノメイガなどの虫が食べるのを嫌がることもわかりました。さらに、米の収量が増えるという特徴も発見しました。

実証試験を重ね

2005年以後、JAびばい等の協力を得て北海道地区での実証試験をスタートしています。2008年度からは、美唄を中心に協議会を発足し、200ヘクタール超の実証試験を行ってきました。また、イネの他にもダイズやタマネギといった農作物への応用技術開発にも着手しています。これらの活動を通じて、病虫害への抵抗性、収量の増加、減農薬といった効果が確認され、その成果は徐々に実りつつあります。

※「エンドファイト」の開発・研究については技術研究所ホームページをご覧ください。

今後のスケジュール

2010年12月上旬に北海道美唄市にて「イネ・ダイズ等環境負荷軽減技術研究推進協議会」 の成績報告会を開催予定